学科紹介

調理マイスター課

HOME > 学科紹介 > 調理マイスター科 

調理マイスター科[2年制]

現場実習を中心とした実践的なカリキュラムにより、高度な調理技術を2年間で修得するコース


「学びながら働く」「働きながら学ぶ」という二重(デュアル)の教育方法により職人(マイスター)を目指す学科です。

日本料理、西洋料理、中国料理のすべてを基礎から応用まで学び、プロの料理人として必要な基本技術・知識をベースにより高度で実践的な調理技術を修得します。

また、校内に設置している営業店『レストラン松柏軒』や、校外の営業施設でのデュアル実習(有給実習)を通じ、現場での動きや共同作業やプロとしての心構え・責任感を身に付けます。

● カリキュラム

デュアル実習(有給実習)

ドイツで行われてきた「学びながら働く」「働きながら学ぶ」という二重(デュアル)の職人養成教育方法。学校の授業と企業実習を同時に取り入れた新しい教育制度で職場での実務実習も単位と認定される。


レストラン営業実習

実際のレストランさながらに実習を行います。実習では、メニューづくりからスタートして、調理、サービスまで行うのでプロの現場に即した経験を積むことができます。

● 2018年度授業例

4月

【調理マイスター科スタート】

調理師免許(国家資格)取得のために必要な知識と技能をしっかり学びます。

5月

【キャリアガイダンス(1年次通年)】

社会人として働くことの意義と働き続けるために大切なことを学びます。

さらに、実践を通してコミュニケーション力とビジネスマナーを身につけ就職力の強化につなげます。

6月

【営業調理実習】

校内に設置している営業店『レストラン松柏軒』において、営業調理・サービスまでトータルに学びます。


【集団給食調理実習】

校内の総合調理実習室において、大量調理の実際を学びます。

7月~8月

【インターンシップ(校外実習)】

調理師業務の実際を実地経験することにより、職業意識を向上させ、営業調理の技術、多様化した知識を学習します。

11月

【作品展(駒込祭)】

展示作品を制作したり、当日はレストランなどを営業します。

5月

【デュアル実習(有給実習)】

校外の営業施設において、有給実習することにより、職業人としての意識と責任感、そして経験を重ねていきます。

7月

【インターンシップ(校外実習)】

就職を希望する分野で実務体験することにより、就職意識を向上させ、自身の調理師としての方向性を再確認します。

9月

【レストラン営業実習】

デュアル実習やインターンシップ(校外実習)で学んだことを活かし、現場で働くことを意識しながら校内でレストラン営業を実施し、必要な知識・技術を修得します。

11月

【作品展(駒込祭)】

展示作品を制作したり、「レストラン松柏軒」で、フレンチのランチ営業を実施します。

2月

【卒業制作展】

保護者を招待し、2年間の成果を披露します。

3月

【卒業】

調理師免許(国家資格)が取得できるほか、2年間のなかでさまざまな資格を取得できます。

ページの先頭へ戻る