調理師科[1年制]

調理師に必要な技術・知識を総合的に学び、1年間で調理師免許を取得するコース


日本料理、西洋料理、中国料理を中心に、基礎から応用まで段階を追って学べるようカリキュラムが組まれています。

一つひとつ実習を積み上げていくうちに、徐々に基本的な技術が確実に身につくように配慮された学習内容は高く評価されています。

また、他校にはない本校独自の「営業調理実習」(レストラン松柏軒での実習)では現場の雰囲気とプロとしての心構えを学びます。

● カリキュラム

日本料理基礎・応用

基本となる包丁の扱い、魚のさばき方などの基礎は反復練習でしっかり学び、応用として宴席料理、行事食などの技術・知識を深め、広げていきます。


西洋料理基礎・応用

包丁の使い方やフライパン操作など基本を身に付け、さまざまな材料の調理法を理解しながら、総合的な技術・知識を修得します。


中国料理基礎・応用

中国料理ならではの包丁や中華鍋の扱い方、独特の材料や調味料を理解し、揚げる、炒める、蒸すなどさまざまな調理法を学びます。


集団給食調理実習

大量調理における衛生管理の実際、科学的な調味の基本と調理技術、大量調理器具の扱い方、食堂での供食方法など常に一般調理と比較しながら学びます。


特殊調理実習

介護福祉の理念を学び、調理師として「おいしい・美しい・楽しい食」、「健康と元気になる食」を提供するための技術と応用を学びます。


レストランマネージメント

レストランサービスの基本を理解し、お客様への心温まるサービスが料理の味をより高めることを学びます。


栄養学

エネルギー代謝や栄養素の働き、そして創立者香川綾考案の「四群点数法」について学び、健康に過ごすための実践できる栄養学を学びます。


食品衛生学

調理師として安全な食を提供できるよう、飲食物を通して健康を損なうさまざまな危害とその予防法や、食品衛生に関する知識を学びます。


食文化概論

日本や世界の食文化について学習し、現代がどのような食環境におかれているのか考察します。また、食文化の継承者としての調理師の役割も考えます。

ページの先頭へ戻る