曽根先生へ

By 管理者. Filed in 製菓科  |   
Home 

みなさんこんにちは!

製菓のままだですfoot.gif

 

1月の上旬にアウスリーベの曽根愛先生にドイツのお菓子を2週に渡って教えていただきましたheart.gif

曽根先生はドイツで修行され、マスターの称号を手にし、今は自分のお店を切り盛りされています。製造は先生一人でなさってる大変お忙しい中、来ていただきました!

授業とは関係ないのですが、11月に曽根先生から私たち教員あてにアドベントカレンダーをいただきましたicon_biggrin.gif(クリスマスを楽しく待ちわびるお菓子のカレンダー)

こちらです!中には先生の手作りお菓子が入っていましたheart.gif

製菓の教員で仲良く(!?)担当の日付を開けてお菓子を食べましたshine.gif

season_photo_adventkalender

 

 

 

 

 

 

このアドベントカレンダーと一緒に素敵なクリスマスカードが沿えてありました!

曽根先生から送られてきたクリスマスカードに製菓の教員の写真を合成しました!(ブログに載せると多方面から怒られちゃうので載せませんが…笑)

曽根先生にそれを見せたら喜んでくださいました!来年はぜひ曽根先生も一緒に…笑

 

 

さて、そんな製菓教員と親しくしていただいている曽根先生に教えていただいたケーキはこちらですcamera.gif

cimg5495

シュベルツヴェルダーキルシュトルテ(チェリーのコンポートが入ったチョコケーキ、二種類の仕上げ)

バズラーレッカリー(数種類のスパイス、たくさんの蜂蜜が入った焼き菓子)

 

 

 

cimg5426

アプフェルケーゼクーヘン(りんごapple.gifが入ったチーズケーキ)

 

 

 

 

cimg5425

ドレスデン風アイアシッケ(チーズ、カスタード、クッキー生地の三層のケーキ)

 

 

 

 

ドイツのケーキ屋さんでは複数のチーズケーキやりんごケーキが売っているそうです!

また、ドイツでは販売の方がケーキをカットするそうで、作業性を良くするためにクッキー生地が必ず入っているそうですicon_eek.gif

ほかにもドイツならではのお菓子情報を教えていただいて大変勉強になりましたhappy02.gif

 

 

 

 

 

 

 

Comments are closed.