中国料理 炒について

By 管理者. Filed in 調理マイスター科, 調理師科  |   
Home 

みなさん、こんにちは
中国料理の実習はとうとう鍋を振って料理を完成させました。
今回は鍋の作業は個人で行い練習です。

IMG_1130

・滑蛋蝦仁
卵と海老のふわふわ炒め
・炒豆芽
豚肉ともやしの炒め
以上の2品を各自で実習です!

 

 

火の工程に入る前の仕込みは班ごとに協力して行いました。
全員分の食材の切り出しや調味料の準備、
全部が終わったら今日の本題…
CIMG8568 CIMG8569

 

 

 

 

 

 

火の工程です。
一人一人鍋を振って料理を仕上げます!

CIMG8581 CIMG8583

 

 

 

 

 

放課後の自主練習のかいもむなしく、
卵がうまく返せない生徒が見られました。
頑張れとついつい応援してしまいます。

CIMG8573 CIMG8575 CIMG8570 CIMG8588 CIMG8591

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もやし炒めです。
豪快に鍋を振ってこぼしてしまう生徒がいたり、
上手に鍋振りをする生徒がいたり、

 

 

同じ材料、調味料を使っていても
調理にかかった時間や鍋の振り方で見た目も味も変わってきます。
試食時には各自作ったものを並べて、見比べて食べ比べてさらに勉強です。

まだ、ぎこちなさがありますが…
前期試験の炒飯のために練習が始まると
慣れた手つきで鍋を扱うようになるので驚きです。

まだまだ始まったばかり、
包丁も鍋もたくさんの技術を習得していってくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Comments are closed.