Archive for 5月 1st, 2018

西洋料理 イタリアン

2018年5月1日

みなさん、こんにちは

マイスター科2年生、西洋料理の実習がありました。
今回の授業は、外部講師によるイタリア料理の実習でした。

先生は我が校の卒業生で、
飯能にあるOsteria A’daccinoのオーナーシェフ安達先生です。

丁寧な指導と先生の人柄か
授業後には生徒たちが集まり、
将来のことや料理についてなど…先生と話が盛り上がります。

cimg0988
今回の授業は
・タラのトマト煮込み
・ボンゴレビアンコ
・ミラノ風カツレツ
・パンナコッタ
計4品のコース仕立てでした。

 

 

それぞれの料理をおいしく食べられるように、
調理する上での注意点や手順など、
丁寧に指導していただきました。

cimg0991

 

 

まずは、パンナコッタ。
冷やし固めるため、
1番最初に仕込みます。

 

 

cimg0992 cimg0995 cimg0996 cimg0997

 

 

カツレツは、
元のサイズの
2~2.5倍にたたいて
筋切り。

数人で協力して、
香草入りのパン粉付け。
小麦粉→卵→パン粉

1人より2人の方が、
きれいに速く
作業が終わります。

 

 

 

 

cimg1002 cimg1000 cimg1003

 

 

 

 

 

 
タラのトマト煮が終わり次第、
カツレツとパスタに取り掛かります。

3この火口で作り上げなくてはいけないので、
段取りが大切な実習でした。

 

 

 

cimg1009 cimg1013 cimg1006 cimg1011

 

 

パスタを仕上げる人
盛り付けを進める人
チームワークも問われます。

安達先生も、
生徒の指導に
加わっていただき、
どの班も最後まで
仕上げることが
できました。

 

 

cimg1016

マイスター科の授業においても、
専門的なイタリア料理の実習は、
数が限られているので、
生徒たちがとても楽しそうに
授業に取り組んでいました。

イタリア料理志望の子が多いクラスなので、
生徒たちにとって充実した実習になったと思います。

 

おいしい料理と先生とのお話とで、
生徒たちの笑顔が溢れる試食の時間になりました。