Archive for the 調理師科 Category

中国料理 炸について

2018年6月7日

みなさん、こんにちは
更新が遅くなり、すみません。

中国料理で炸(チャー)についての実習がありました。
炸は揚げる調理法です。
今回は、
干炸子鶏塊(鶏の唐揚げ)と巻包炸春巻(エビ春巻き)
cimg1137
そして、
トマトと大根の花や
レモンとライムの飾り切りを作り、
一人一皿盛り付けました。

 

 

 

cimg1134 cimg1135 cimg1139 cimg1140 cimg1141 cimg1142

 

まずは野菜の飾りから。

大根の薄切りでバラを
作ったり、
トマトのスライスを巻いて、
お花にしたり…

トマトはスライスの厚さが
重要で成功する生徒と
失敗する生徒が出ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お皿の飾りつけが終わってから、鶏とエビの春巻きの調理です。

cimg1144 cimg1146 cimg1147 cimg1150 cimg1149

 

エビは、
中華包丁を使って
叩いて切って、
すり身状にしました。

 

初めての
揚げ物の実習ですが、
落ち着いて
作業しています。

 

 

 

 

最後は自分のお皿に
盛り付けをして…完成です。

新入生実習開始!

2018年4月17日

みなさん、こんにちは。
調理師科です。

4月2日の入学式から1週間のオリエンテーション期間を終え、
4月10日、11日、13日の3日間、
新入生の実習授業が始まりました。

最初の授業は実習室に慣れてもらうことや、
授業で使う器具などの使い方、包丁の手入れの仕方がメインでした。

4月10日(火)中国料理

cimg0936 cimg0939 cimg0940 cimg0941

まずは、
包丁を研ぎ。

そして、
中国料理といえば、
鍋ふりの練習です。
練習では塩を使って
鍋の動かし方を
身に付けてもらいます。

毎年のことながら、
塩が
床にたくさんこぼれました…

 

 

 

 

4月11日(水)西洋料理

cimg0943 cimg0945 cimg0946

 

 

 

 

 

 

西洋料理は
研いで包丁を作るところから…
砥石も学用品に含まれているので、
各自で包丁の手入れをしてもらいます。
初めて研ぐ生徒が多く、
なかなかうまくいかない子が多かったです。

 

 

4月12日(木)日本料理

cimg0948 cimg0950

 

 

 

 

 

日本料理では
包丁の研ぎ方もやりましたが、
包丁を持ってもらいました。
各料理の包丁によって持ち方も変わってきます。

そのあとは、
実習台の使い方を先生と一緒に見てもらいました。

 

最初の授業なので本当に基本的なことで
まだ食材には触れていませんが、
道具を使いこなせてこそ!なので早く慣れてもらいたいです。

実習の内容も回を重ねるごとに濃くなるので、
たくさんのことを身に付けていってほしいです!

ガンバレ、新入生!

製菓製パン実習 フルーツロール

2018年1月15日

みなさん、こんにちは

1月9日(火)から年明けの授業が始まりました。
金曜日に調理師科のお菓子の実習も始まりました。
基本の生地の勉強になるので回数は少ないですが、しっかりと学んでほしいです。

今回の授業は基本のスポンジ生地の一つ、
別立て法のビスキュイを勉強しました。
焼きあがった生地は
クリームとフルーツを巻いたロールケーキに仕上げました!

cimg0649

 

示範のものです。
カットして
フルーツソース・フルーツ・バニラアイスで
皿盛りのデザートに仕上げました。

 

 

 

cimg0657 cimg0659 cimg0661 cimg0663 cimg0662cimg0665

卵白をしっかりと立てて
メレンゲを作ります。

 

卵黄と合わせて、
粉と合わせます。

 

しぼり袋に入れて
一筋一筋しぼって
1枚のシートに仕上げます。

 

同じ太さにしぼるのは
とても難しいようです。

 

 

 

 

 

cimg0666 cimg0667 cimg0671 cimg0673 cimg0676 cimg0678 cimg0679

 

 

焼きあがった生地に
シロップをうって

 

クリームをのせて

 

いちご・キウイ・バナナ・
マンゴーを並べて

 

きれいに巻いたら
完成です。

 

盛り付けは
自由にしてもらいました。

 

 

 

 

 

 

先生の
丁寧なデモンストレーションと指導で
生徒もきれいに仕上げることができました。

日本料理 おせち

2018年1月8日

みなさん、こんにちは。

2017年最後の実習は日本料理のおせちの実習でした。
毎年3日間連続でおせちの実習を行っています。
近年では家で作る家庭が減ってきていますが、
主要な物になりますが勉強してもらっています。
img_0546 img_0552 img_0553

 

 

 

 

 

 

 

示範のものです。
最終日は盛り込みも行います。
3日間の集大成。

 

 

1日目
・黒豆
・栗きんとん
・数の子の西京味噌漬け
・五色なます
・叩きごぼう
2日目
・黒豆
・祝い鶏
・田作り
・錦玉子
3日目
・黒豆(仕上げ)
・伊達巻
・鰆の幽庵焼き
・名取雑煮
盛り込み

やることが盛りだくさんの3日間になります。
生徒は個人個人お皿に盛り付けました。

cimg0591 cimg0593 cimg0598 cimg0601

 

 

 

cimg0606 cimg0608 cimg0595 cimg0596 cimg0600 cimg0605 cimg0604

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最終日盛り付けの様子です。
裏白や水引、紅白敷紙などを使って
自由に盛り付けてもらいました。

 

 

おせちの授業は宿題があり、
お正月に家で1品おせちを作る課題と
おせちについてまとめたレポート課題が出されます。
生徒が家でどんなおせちを作ったのか休み明けレポートを見るのが楽しみです。

日本料理 外部講師に学ぶ

2018年1月8日

みなさん、こんにちは。

調理師科、マイスター科1年生で外部講師を迎える授業がありました。

img_0269

 

示範は4品ですが、
生徒の実習は
鰯のつみれ汁
鮭の炊き込みご飯の2品です。

 

 

 

調理学や調理科学を交えて説明してくださり、
とっても勉強になるデモンストレーションをしていただきました。

cimg9955 cimg9975 cimg9979 cimg9959 cimg9962 cimg9982

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実習に移った際も丁寧に指導していただきました。

cimg9961 cimg9970 cimg9965 cimg9980 cimg9969

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基本的な要素の詰まったお料理ですが、
そこを理解していなければおいしい料理が作れません。
本当に有意義な授業をしていただきました。
ありがとうございました。