Archive for the 製菓科 Category

クッキー

2018年2月15日

こんにちは!製菓科ですbirthday.gif

7種類のクッキーを作りました!

cimg5618 cimg5612

 

 

 

 

 

クッキーといえばというイメージのものから

見たことない…けどおいしそう!というものまで

食感も見た目も異なるものを作りましたdelicious.gif

 

ケーキ屋さんは生菓子だけではありません!

ケーキのような華やかさはなかなかありませんが

贈りものやあらゆる世代に喜ばれるケーキ屋さんの大事な大事な存在ですshine.gif

 

クッキーにはこの1年で習った技術の集大成とも言える工程がたくさんありました!

cimg5608

成形した形がそのままの形で焼き上がるものは

カットした厚さや絞り出した量の多い少ないによって

同じ天板の中でも焼けすぎてしまったりなかなか焼けなかったり…

各班焼き上がりを確認してここが良くなかったんだなと反省したり

他の班や先生のものと食べ比べて全然ちがう!と思い知ったり…

cimg5609

少しくらいちがっても大丈夫でしょう!

という甘い気持ちは一切通用しない

ひとつひとつの作業の重要性を

再確認したのではないかなと思いましたflair.gif

 

焼いてる間は実習室中がクッキーの美味しそうな香りで充満していたので

美味しそう…おなかすいてきた…という声がちらほらcoldsweats01.gif

焼きあがってからは

待ってました!!と言わんばかりに目を輝かせ

美味しい~!!とそれぞれのクッキーを噛み締めるように食べる姿が印象的でしたhappy01.gif

試食した後、

割れないように壊れないようにやさしく箱詰めしている学生達を見て

この1年で持ち帰りの大事さをしっかり学んでくれていたらいいなと思いました

お菓子やパンは買って持ち帰ることが多いですから

家までまたは贈る相手まで大事に持って帰るお客様の気持ちを

この先忘れないでほしいなと願うばかりですconfident.gif

 

エッグベネディクト

2018年2月9日

こんにちは!製菓科ですrestaurant.gif

洋菓子実習というと『ケーキを作る授業』というイメージだと思いますが、

cimg5593

今回はいつもとちがって皿盛りの一品

エッグベネディクトを作りました!

おしゃれなカフェにありそうなメニューですdelicious.gif

 

 

テレビ雑誌で見たことがある方も多いのではないかなと思いますflair.gif

華やかな見た目はまさにインスタ映えと言うのでしょうか?

最近よく耳にする言葉ですよねcoldsweats01.gif

学生達からもよく聞こえますが

とくに今日はたくさん聞こえ、写真を撮ってる学生が多いな~と思いました

それもそのはず、

cimg5603ポーチドエッグにからまるように調整した

濃厚なオランデーズソースに

卵にナイフを入れるとあふれ出す

なんとも魅惑的な卵黄のとろけ具合shine.gif

 

卵を載せた生地も一般的なイングリッシュマフィンではなく

cimg5596生地から作って焼き上げているんですよ

お店で食べるようにきれいに盛り付けて食べましたrestaurant.gif

テクニックコース2年目の学生は

さすがと言いたくなる手際の良さで

バランス良く盛り付けて仕上げをしていましたsmile.gif

このようにお菓子ではないメニューも実習で行いますrock.gif

cimg5592

カフェには甘いものだけではなく料理もありますから、

料理も作れるパティシエになれるように

料理と相性の良い、ケーキと相性の良い料理を考えられるように

さまざまな方向から授業のメニューを考えていますhappy01.gif

 

 

製パン応用

2018年2月2日

こんにちは!製菓科ですbread.gif

先日、製パン実習でデニッシュペストリーを作りました!

cimg5449 cimg5452

バターを何層にも折り込んだ

サックサクのデニッシュに

自分達で作ったカスタードクリームとカットしたフルーツを

盛り付けましたshine.gif

 

洋菓子の授業で習ったカスタードとフルーツカットを

製パンの授業に取り入れたことで

パン屋さんにも洋菓子実習で習う技術が必要なんだな

と実感した学生もいたようですflair.gif

cimg5519 しっかり成形して焼かないと

クリームをしぼるスペースがなくなったり

クリームを盛りすぎると

果物がすべり落ちてきたり…sweat01.gif

思ってたより盛り付け難しい…!!という声もcoldsweats01.gif

 

焼きたてサクサクのデニッシュにたっぷり盛られたクリームとフルーツを

こぼれるー!!と言いながら

がぶり!とほおばる姿はとても楽しそうで、実習室のあちらこちらで

おいしいheart04.gifdelicious.gifとうれしそうな顔が見られましたsmile.gif

 

 

和菓子の授業ラスト

2018年1月30日

和菓子の授業もついにラストに…

今日は菓子遍路一哲から酒井先生におこしいただきましたnotes.gif

 

cimg5510

 

高知県のゆずを使用した「ゆずまんじゅう」

ゆずのかたちがとってもかわいいですheart02.gif

 

 

 

cimg5509

 

チョコのあんこが入った「千代子餅」

 

 

 

cimg5508

 

季節のイチゴが入った「いちご大福」

中は白餡といちごです

 

 

一年間通して、和菓子と洋菓子の違いを学べたでしょうか?notes.gif

私が学生のとき、和菓子の先生を見てすごいなぁと思ったのは型を使わなくても、すべて同じ形に成型するところです!練りきりはまさに職人の仕事だなぁと。

また、油分を使う食材が少ないの味にごまかしがきかないということ!

 

日本人は何かの際にお土産に持っていくのは、洋菓子より和菓子の方が多いそうです!

和菓子職人になるうちの生徒もそうですが、素敵な日本の文化「和菓子」を伝承してほしいですicon_biggrin.gif

 

 

 

 

曽根先生へ

2018年1月30日

みなさんこんにちは!

製菓のままだですfoot.gif

 

1月の上旬にアウスリーベの曽根愛先生にドイツのお菓子を2週に渡って教えていただきましたheart.gif

曽根先生はドイツで修行され、マスターの称号を手にし、今は自分のお店を切り盛りされています。製造は先生一人でなさってる大変お忙しい中、来ていただきました!

授業とは関係ないのですが、11月に曽根先生から私たち教員あてにアドベントカレンダーをいただきましたicon_biggrin.gif(クリスマスを楽しく待ちわびるお菓子のカレンダー)

こちらです!中には先生の手作りお菓子が入っていましたheart.gif

製菓の教員で仲良く(!?)担当の日付を開けてお菓子を食べましたshine.gif

season_photo_adventkalender

 

 

 

 

 

 

このアドベントカレンダーと一緒に素敵なクリスマスカードが沿えてありました!

曽根先生から送られてきたクリスマスカードに製菓の教員の写真を合成しました!(ブログに載せると多方面から怒られちゃうので載せませんが…笑)

曽根先生にそれを見せたら喜んでくださいました!来年はぜひ曽根先生も一緒に…笑

 

 

さて、そんな製菓教員と親しくしていただいている曽根先生に教えていただいたケーキはこちらですcamera.gif

cimg5495

シュベルツヴェルダーキルシュトルテ(チェリーのコンポートが入ったチョコケーキ、二種類の仕上げ)

バズラーレッカリー(数種類のスパイス、たくさんの蜂蜜が入った焼き菓子)

 

 

 

cimg5426

アプフェルケーゼクーヘン(りんごapple.gifが入ったチーズケーキ)

 

 

 

 

cimg5425

ドレスデン風アイアシッケ(チーズ、カスタード、クッキー生地の三層のケーキ)

 

 

 

 

ドイツのケーキ屋さんでは複数のチーズケーキやりんごケーキが売っているそうです!

また、ドイツでは販売の方がケーキをカットするそうで、作業性を良くするためにクッキー生地が必ず入っているそうですicon_eek.gif

ほかにもドイツならではのお菓子情報を教えていただいて大変勉強になりましたhappy02.gif